プリントデザインの注意事項

加工サービス時の著作権・肖像権・商標権について

アニメや漫画のキャラクター、有名人の写真やブランドロゴなどを使用したデザインで加工サービスをご利用いただく場合には必ず下記注意事項をお読み頂き、お客さまご自身の責任においてデザイン等の使用に問題ないことを確認の上、ご注文頂きますようにお願い致します。
なお、ご注文いただいたデザインの著作権・商標権その他の権利の使用に関する第三者からのあらゆるクレームや使用差し止めを含む各種請求、損害賠償請求などについては、弊社は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

デザインに関する権利の代表例

  • 著作権:アニメや漫画のキャラクター、各ブランドのデザイン、写真・画像などの著作物を作成した人・企業を法律上保護するために与えられる権利

  • 商標権:商標登録されているロゴやキャラクターを勝手に使われないようにする権利

  • 意匠権:商用のデザインで各企業が特許庁に届出を行い保護された図柄等の権利

  • 肖像権:肖像権は有名人、アーティスト、著名人などの肖像を許可なく第三者に使われないようにするための権利

  • パプリシティ権:有名人の写真集販売等によりもたらされる経済性を保護するためのもの

1

著作権・肖像権・商標権などの侵害にあたるデザインはお請けできません

  • アニメや漫画のキャラクター

  • ブランドや企業のロゴ

  • 芸能人やスポーツ選手などの写真

上記の様な著作物を利用するときには、事前に著作権者から利用許諾を得る(利用手続き)必要があります。

2

著作物などを彷彿とさせるパロディデザインもお請けできません

  • お菓子のパッケージ

  • デザインを真似したパロディデザイン

有名なキャラクターやロゴ、商品パッケージなどを彷彿とさせるデザインはお客さまが描き起こしても、著作権や商標権の侵害となる恐れがあります。

3

販売を目的としない私的なご利用でもお請けできません

著作権法では、自分やその家族などの限られた範囲内での私的使用については、著作権の効力が及ばないことになっていますが、当社にて加工サービス料をいただくため、私的利用の範囲外の扱いとなる可能性があります。