煌びやかな面もあり、○○な面もあり。

学生時代は、アパレル会社でバイトをしていて、趣味でDJやダンスをしていました。明るくてポジティブ。きらびやかな世界が大好きで、就職活動もアパレル系を中心に探していたんです。その中で、一番グッときたのがトムス。入社した後も、某アーティストのコンサートをお手伝いしたり、某お笑い番組で芸人さんが着るTシャツをつくったり…。仕事の流れは「オーダーを聞く」「物を作る」「渡す」。言葉を並べれば簡単ですが、そこには大勢の人間が関わっています。それが、何件も同時進行していますから、コミュニケーション能力が問われる。忙しいときは、スピードも求められます。

忙しさを、楽しめるか。

“明日プリントして明日渡す”みたいな無茶なオーダーがあるときもありますが、やればできる。そのスピード感が、トムスの仕事のエキサイティングなところでもあります。一つのことに捉われずに仕事ができる。ずっと同じことを繰り返す仕事ではないので、視野が確実に広がっていく。しかも、自分の好きなブランドを新規開拓できたりもする。チームで動いていくので、それぞれの得意分野、好きな分野に進んでいけますし。目標数字も、みんなで追いかけるとそれも楽しい。

仕事は、耐えるものじゃない。楽しむもの。

忘れちゃいけないのは、誠実さ。何事もひたむきでやり続けること。せっかくやりたいことをやらせてもらっているので、愚痴なんて言っている暇があったら新しいことに挑戦していきたいですね。探求心をもって開拓していける環境があるのが、トムスの面白いところだと思います。仕事は耐えることじゃなく、楽しむもの。みんながそういった気持ちで働いてるような気がしますね。最高の職場だと思います。