Printable Lab.

トムス株式会社

Tシャツの歴史

ファッションとTシャツ 流行にとらわれず、いつも新しい

最初にTシャツがモード界でベーシックアイテムとして登場したのは1960年代。 さまざまなデザイナーズブランドがTシャツを発表するようになっていきました。 しかし、ファッション界が本格的にTシャツを取り入れたのは、1970年代に入ってからになります。 70年代前半のヒッピー達による「ラブ&ピース」運動や、70年代後半のパンクムーブメントなど、 自由を求める思想とTシャツが見事にマッチしたのです。人々の態度やライフスタイルの変化に敏感なファッション界が、Tシャツを重要なアイテムとして認知した時代です。

80年代のファッションがよりスポーティに移行すると、多くのブランドがスポーツウェアに力を入れ始め、 ブランドの力でTシャツもファッショナブルな存在となっていきました。 メンズの枠を超え、Tシャツを多くの女性達が着こなすようになったのもこの時代です。 90年代に入ると、80年代で興った様々な変化がさらに混合されてゆきます。 カジュアルに着こなされていたTシャツに、ジョルジオ・アルマーニや山本耀司らにより、スーツにTシャツを合わせるミニマル・ファッションスタイルが提案されました。 環境問題やリサイクルへの関心も高まり、オーガニック綿を利用したTシャツが登場したのもこの時代です。

そうしてTシャツは、カジュアルフライデーの普及などからビジネスの場にも登場し、 今ではラグジュアリーTシャツとして多くのデザイナーがコレクションで発表するようにまでになりました

ファッションにおけるTシャツのユニークさとは、時代のさまざまなシーンで流行と相反する役目を果たしてきたことにあると言えます。 流行にとらわれない自由さを持つからこそ、どんな流行にも取り入れられる。 ちょうど次の日にTシャツを着替えるように、だからこそTシャツは、いつでも新しいのかもしれません。

Tシャツの歴史

  • 序章
  • 第1話 Tシャツの起源
  • 第2話 映画の中のTシャツ
  • 第3話 広告としてのTシャツ
  • 第4話 現代アートとTシャツ
  • 第5話 ファッションとTシャツ
  • 第6話 音楽とTシャツ
  • 第7話 生活シーンにおけるTシャツ

PAGE TOP