Printable Lab.

トムス株式会社

Tシャツの歴史

現代アートとTシャツ アートの大衆化を引導した

現代アートの発展は、Tシャツによって為されたといったら言いすぎでしょうか。 アーティスト達は、ひどく難しい、そして彼らにとって受け入れがたい“鑑定”を受けるクラシカルアートの規律からの開放を望んでいました。 ポスターよりも、生身のTシャツは、自分たちの作品をより多くの人にアピールする存在として、 モダンアーティストの格好のキャンバスとなりました。Tシャツにはきゅうくつさがなく、動くことに自由でいられます。 実際、作業をするアトリエでも、多くのアーティストがTシャツを作業着として愛用していたそうです。

中でもアメリカの大衆文化を象徴するポップアートにとって、Tシャツの胸元はポップアートがポップであるがための必然的な芸術表現の場となりました。 70年代アーティスト達はこぞってTシャツを作品発表の道具として使い始めます。 カウンターカルチャーの寵児にしてアメリカン・アングラ・コミックの大巨匠ロバート・クラムは、自分の描いたヒッピーのキャラクターをTシャツにプリントしました。 80年代、キース・ヘリングは自身の店「ポップ・ショップ」をオープンし、Tシャツをはじめとする雑貨にキャラクター作品をプリントし、販売していました。 90年代には村上隆が日本のアニメやマンガをモチーフとしたキャラクター作品をTシャツなどで販売することで、ポップアートを継承しました。 Tシャツの持つカジュアルで縛られない、ユニークな個人を象徴するアイデンティティが、現代アートと結びついたことは必然と言えるでしょう。

Tシャツの歴史

  • 序章
  • 第1話 Tシャツの起源
  • 第2話 映画の中のTシャツ
  • 第3話 広告としてのTシャツ
  • 第4話 現代アートとTシャツ
  • 第5話 ファッションとTシャツ
  • 第6話 音楽とTシャツ
  • 第7話 生活シーンにおけるTシャツ

PAGE TOP