ABOUT TOMSコンテンツ企画

多種多様な取引実績を活かし、キャラクターやアーティスト、ブランドなどのコンテンツをブッキングから商品化までパッケージでお客様にご提案致します。

イメージ

エンドユーザーのお客様にはコンテンツのブッキングから商品化までをパッケージでご提案します。
版権元様には、エンドユーザーへ商品化までの企画をご一緒に考え、提案まで行います。

エンドユーザーとのお取り組み

版権元とのお取り組み

トムス取り扱いブランド

40年代~80年代にかけて、欧米で活躍していたスポーツウェアやワークウエアのブランド「アメリカン・ヘリテージ・アーカイブ」をトムスで復刻しました。古き良きアメリカの匂いと現在のトレンドを合わせもっていて、幅広い商品展開が可能です。

  • Artex(アルテックス)

    70年代~80年代に活躍したTシャツブランド。西海岸や南西部でつくられたTシャツが多く存在し、70年代のロックTシャツのボディとして使用されていた。

  • SHIRTEX(シャーテックス)

    70年代~80年代に活躍したTシャツブランドARTEXのサブブランドで、主に欧米のファッションモールや専門店で流通していた。

  • PRINTWEAR(プリントウェア)

    60年代~80年代に、欧米の高校や大学向けに流通していたTシャツブランド。古着の市場でも流通量が極端に少なく、希少性の高かったブランド。

  • 、Old Kentucky(オールド ケンタッキー)

    40年代~70年代に流通していたワークウェアブランド。オーバーオールを始めとし、ウェスタンやランチウェアまで展開していた。同年代のワークブランドとは一線を画するブランド。

  • Campus(キャンパス)

    1922年、オハイオ州クリーブランドにてセーター製造会社としてスタート。その後にスポーツウェア、カジュアルシャツなど多種多様のアイテムを生産。良質なシャツやニットを作るブランドとして知られていた。

  • N&W Overalls(ノーフォーク&ウェスタン オーバーオールズ)

    1900年にヴァージニア州で、NORFOLK&WESTERN 鉄道のためにオーバーオールを製造開始。自社の鉄道員向けのみワークウエアを作っていたため、希少性の高かったブランド。

  • BIG MIKE(ビッグ マイク)

    50年代~80年代に流通していたワークウェアブランド。ネルシャツを中心に、布帛シャツを主に展開していた。往年の「アメカジ」を彷彿させてくれるデザインである。

※上記ブランドはライセンスでの展開も行っております。商品化などに興味のある方はお問い合わせください。

このページの先頭へ